10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーアントワネット

こちらはDVDで鑑賞。

キルスティン・ダンスト主演のやつです。(スパイダーマンの彼女役の女優さん)

スパイダーマンではそんなに美人じゃないと思っていたんですが(失礼な!

この映画では綺麗、というか可愛いというほうが正解かな。


かの有名なルイ16世に嫁いだマリー・アントワネットの栄華な人生を描く物語です。







この方25歳(映画撮影時は24ぐらいでしょうか)なのに
序盤のマリーがまだ10代の頃を見事に演じきっているのが素晴らしい。
ちゃんと幼く見えるんですよね。

オーストリアからパリの国境で、オーストリアのものは一切捨ててくださいと
愛犬まで取り上げられたときの、泣きじゃくりそうな顔と
ベルサイユ宮殿に足を踏み入れたときの不安まじりのあどけない表情
演技力がすごいです。


映画に出てくる衣裳はどれもオシャレで目をこらして見てましたw
マリーはお洒落好きということで、常にベルサイユの流行を作っていた人なんです。
彼女が新しくドレス・髪型を考案すれば真似する貴婦人がたくさん居たっていうぐらい。
資料としてならこのDVDは持っておきたいなぁと思いました。


こんなセレブなシーンもよかったけれど、貴族の暮らしに疲れたマリーが
宮廷のから離れた場所に作らせた農家を模倣したアモーという小さな村、
これがまたよかった。
質素な服をまとい、草原を歩いて娘と一緒に寝そべる生活。
それは所詮真似事でしかないのだけれど、その気持ちはわからなくもない。


ベルバラを読んだことのある私は
知っているキャラクターが出るたびに嬉々しておりましたが
一緒に見ている人は「ふーん」って感じでしたw
ここまでこの映画に執着できたのはベルバラのせいもあるのでしょうか。

セレブリティな気分になりたい方はこの映画をどうぞ☆
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

月代 珠(つきしろ たま)

Author:月代 珠(つきしろ たま)

ようこそ。
試運転中ではありますが、
こんなイラストでも必死に描いてます。
気になった人はコチラからどうぞ

カテゴリー

↓着せ替え楽しいです♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

アルバム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。